やはりイメージとのギャップで話題を呼ぶ能年玲奈、実はしっかり者?

朝の連続テレビ小説「あまちゃん」で一世を風靡した能年玲奈さんが、演技以外のところでも世の中を席巻しています。能年玲奈さんといえば、爽やかで少年のような整った美貌を持つ新進気鋭の女優というイメージがありますが、ここ1、2年の能年さんを取り巻く状況はなかなか不透明なものだといえるでしょう。

事の発端は能年さんが所属していた事務所を辞め、独立するということが報道されたことに遡ります。それに伴って、もともと所属していた事務所は2016年の6月に退所し、現在では新しい会社を設立しようとご本人は画策しているようです。この独立問題に際し、能年さんが心酔する、長年お世話になっている女性演出家に能年さんが洗脳を受けているのではないかということもニュースになりました。もちろん能年さんはこれを否定されていますし、マスコミの邪推であろうことは否めません。周囲やマスコミはいろいろと邪推しますが、本人はいたって前向きで、これからは能年玲奈ではなく「のん」という芸名で再出発するということも発表されました。

そんな能年玲奈さんですが、これだけ世間の注目を集めるわけですから、その演技力や存在感も他者を圧倒するものがあります。「あまちゃん」は2013年上半期の放送ですから、撮影はまだ10代の頃から行われていたということになります。10代で世間の話題をさらうほどの演技を見せたわけですから、これからの活躍も大いに期待されています。その上、下積み時代には演出家の先生に、演技の稽古のあと何時間も質問を浴びせて演技を学ぼうと努力していたといいます。ですから、その演技力もこれから更に成長することが予想されます。
また、「あまちゃん」の共演者からはいまだに可愛がられているといわれ、特に小泉今日子さんは能年さんを高く評価されているようです。
「のん」という新しい芸名に改名された能年玲奈さん。その活躍はこれからもまだまだ留まることを知らないでしょう。